フォトアルバム

お客様の数

ブログランキング


  • ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
    1日1回投票してね!

« 9月22日中日22回戦の写真 | メイン | 金本弾で神宮制圧 (9/26ヤクルト21回戦) »

2012年9月25日 (火)

2年連続Bクラス確定 (9/25ヤクルト20回戦)

■試合結果
阪神 0-3 ヤクルト 詳細
[S]○館山(8)-Sバーネット(1)
[T]●久保(5)-藤原(1)-渡辺(1)-加藤(2/3)-鶴(1/3)
[勝]館山12勝8敗      [S]バーネット1勝2敗30S
[負]久保4勝7敗
[本]

 

試合がなかった翌日のスポーツ紙はやりたい放題w
浮かんでは消え、消えては浮かび、魑魅魍魎のオフを迎えられそうですw

その中でも衝撃的だったのは、黒田SA(元編成部長)のヘッド入閣という記事。
現場を離れて長い人間をコーチで呼び戻したら失敗したのが有田ヘッドやろがw
いくら球団内部にい続けたと言っても、フロントの仕事と現場の仕事は違う。
金曜日に第一報を見た時は「なんじゃこりゃwww」で軽く扱っていたが、なーんか本腰くささが漂ってるんよねぇ。はっきり申しまして中村GM誕生よりも暗黒度を感じたわw
このまま行ったら来季の首脳陣は漆黒すぎて、ネタに困らんと思うでwww


昨日今日で新井さんと田上が抹消されて、伊藤隼と野原将が上がってきた。
新井さんは右肩の慢性的な痛みでサードからファーストに回り、最近はスタメン落ちすることもあったが、我慢すればできるという状態でごまかしてきただけよね。
数字上の可能性が残ってる間は一軍に置いてて、ここで抹消して金本の引退試合にもう一度戻すというのが中途半端すぎてたまらん気分になりましたな。

昇格させた二人については異論なし。
野原将は去年「代走の代走」と「ベンチに飛んできたバットキャッチ」だけしか印象に残ってないので、ぜひとも一軍初ヒットとサードのスタメン出場を果たしておきたいねw
ただベンチに代走要員が少ない現状、田上を抹消したのはちょっと残念だった。


ということで、今日負けて1試合で借金20に逆戻り。
これからはこのボーダーを行ったり来たりかね?
CSの可能性が完全消滅したが、正直やっとかという気分でもあるw

あと残ってるのは順位の確定ぐらいなんだが、広島がここに来て8連敗とかで残り3~5試合ぐらいにならないと決まりそうにないですなぁ。5位でシーズンを終わって全員に屈辱を味わってもらうことと、ドラフト2位のウェーバー3番目をゲットしておきたいのだが。


さて試合の方は、館山の丁寧な投球と打者ごとに微妙に間を変える幻惑術で8回まで0点。
9回にバーネットが荒れて無死満塁のビッグチャンスを作ったが、良太が3球三振で代打マートンが初球ゲッツーという実にあっけない幕切れだったww

久保は三凡イニングを作れず、2死からランナーを出したり連打を浴びたりで5回2失点。
守りに足を引っ張られた部分はあったが、ピリッとしないピッチングでしたな。
まずまずだったのは藤原ぐらいで、8回の加藤は今日はコントロールが乱れて満塁を作り、その後を受けた鶴は2ストライクから不要な2つのボールで自らの首を絞めて押し出し。

まぁ今成の配球パターンが読みやすいとかもあっただろうが、決定力のある打線だったら3点では済まんかっただろうね。


上本が守備で2つやらかして、ゲッツーも打ってでこの日のインケツ決定w
4回裏の1死1・3塁で前進守備のシフトで福地のニゴロを捕球。しかしバックホームせずに一走を追い込むが、ランナーが立ち止まったためタッチが遅れ、その後一塁に弱々しい乙女トスをしてセーフ。その間にホームイン許してしまった。
さらにその直後、久保が牽制で福地を釣り出し、森田に転送。森田から上本に投げたが、捕球位置が福地に近すぎたために交わされ、あげくポロリして2塁セーフ。

まぁ何というか、ケースに応じた守備練習、要は応用編の必要性を強く感じましたな。
この辺は良太や森田や小宮山・今成含め、若手全員が秋のキャンプで判断力を鍛えないと。
相手が自分の思ってるとおりに動くわけがないんだから、先を読むとか色々なパターンを頭に叩き込んで、準備ができるようにならんといけませんね。

逆に大和が広い守備範囲を見せつける2つのファインプレー。
鳥谷が抜けた場合、ショートに収まって本来の華麗な守備をと思ってしまうんだが、こういう守備を見てしまうと、来季センターから外せんよなぁ。これ以上か同等の守備力を持ってる外野なんて今のチームにはいないんだし。


今日昇格してきた伊藤隼太がチーム初ヒットで神宮凱旋。
首が傾くクセはかなり改善されてきたという情報もあるのでチェックしていたが、落ちる球や外の球に対して確かに見てすぐわかるような傾きはなかったと思う。

一番「おっ」と思ったのは、2打席目の初球外低めの速球をファウルした時。
スイングも体の動きも、過去二度一軍で見てきた時とは違う感触がしたのだ。
3ボールからスイングに行く思い切りの良さもあったが、フルカウントから速球に反応できずの見逃し三振もあったり。両面待ちで対応することはまだ難しいだろうが、ひとまずブサイクでも振ってしまった方が印象はいいわね。泥臭さを見せるという意味でもね。



■本日のやらかす賞:大和(10)
広大な守備範囲でピンチを救う!センターラインの軸に成長中!


Ranking


 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

Powered by Six Apart
Member since 08/2008