フォトアルバム

お客様の数

ブログランキング


  • ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
    1日1回投票してね!

« マイスイートホーム! (7/2巨人10回戦) | メイン | そうなればそうなるわな (7/4巨人12回戦) »

2010年7月 3日 (土)

ドームでも鶴が舞う (7/3巨人11回戦)

スポニチによると、7月3日は勝率が一番いい日だったそうです。
そのジンクス通りに勝って、貯金を二桁に乗せ、負け数で讀売と並んだ。
さぁ、明日も打ちまくって3タテいっとこか!

 

■試合結果
阪神 8-2 巨人  詳細
[T]○鶴(5・2/3)-渡辺(1・1/3)-久保田(1)-西村(1)
[G]●藤井(5)-豊田(2)-マイケル(2/3)-星野(1・1/3)
[勝]鶴2勝1敗   [S]
[負]藤井6勝2敗
[本]エドガー4号 ブラゼル28号 鳥谷9号 城島14号



鶴の立ち上がりをうまくサポートしたのは城島のリード。
カーブのようなスライダーのコントロールがわりと良かったのと、
讀売打線がなかなかタイミングがあってなかったことで、
まずは軸となるボールとしてうまく使っていけてたと思う。

それとは対照的に、塁に出せばうるさい松本に対しては速球で攻めていた。
まだ速球にタイミングが遅れ気味なのをキチンと見抜いてたよな。

3回にエドガーに真ん中付近の速球を捉えられ、ドームランをお見舞いされたが、
あのコースあの高さに投げてしまうと放り込まれるという学習になればOKである。
まだ回が浅かったこと、ソロホームランで済んだことを考えると安い勉強代だw

その後藤井に思わぬ2ベースを浴びて、ノーアウトで上位に回る場面があったが、
坂本が見事なまでに淡白なバッティングをし、松本は2打席続けて速球で三振。
小笠原は警戒しすぎて歩かせたが、ラミレスのハードゴロを新井さんががっちり捕球。
自力で乗り切った部分、城島のリードを信じた部分、バックの守りの部分と
鶴が乗っていける要素がこのイニングにあったと思う。


藤井は快調な時はテンポよく低めやコーナーにビシビシ投げ込んでくるが、
突如として一発を浴びる悪癖があり、それが4回表見事に露呈することとなったw

まずはヒットの新井さんを置いて、ブラゼルが天井にぶち当てる超特大逆転2ラン!!!
高めに抜けたスライダーを、打った瞬間の完璧な当たりやったよねぇww
昨日も値千金の逆転ホームランを打ったんだから、これで勢いに乗らないはずがない。

さらに浅井が2ベース、桜井死球、鶴が送りバント失敗で2死1・2塁となってから、
鳥谷が外の甘い高さのスライダーをバックスクリーン右にぶち込む!!
またまたビッグイニングとなる5点が入り、試合の主導権を完全に握ったよなw

この後の鶴は、4回・5回とナイスピッチング。
勝ち投手の権利をもらって、あとはどこまで自分の持ってるものの限界に
チャレンジするエクストライニングに突入する。


すると6回、素晴らしく美しい攻撃で追加点を奪った。
1死から浅井の内野安打で出塁すると、桜井の打席でエンドランが決まって1・3塁。
鶴は送りバントの構えから、初球三塁線に絶妙のバントを転がした。

意図としては一走の桜井を送るためのバントだったが、
厳しいシフトを敷いていなかったため、打球は投手の豊田が処理。
ところがなぜか一塁ベースカバーががら空きで、鶴は一塁を駆け抜けセーフ!

さらに小笠原も打球を取りに行ったため、浅井がスルスルっとリードを大きく取り、
豊田が投げると同時にスタートを切って、鮮やかにホームを陥れたのだ!!

まさかまさかのセフティースクイズとなって5点差。
満塁ホームランでも追いつけない点差に広がったことで、鶴は精神的にも楽になるし、
その追加点を自分のバットで生み出したというのが素晴らしすぎる!

というか、鶴のバントは普通に上手かったよなぁ。
前の打席で1・2塁のランナーを送ることができなかったが、
きちんとしたバントの構えができていたし、一応転がすこともできた。
3塁で刺されるような素直な投前バントではあったが、小フライよりは全然見込みがあり、
「絶対バントできんやろw」という感じはなかったのだ。

そして浅井の走塁も興奮を誘ったよなぁ。
試合後の談話で「アレは狙っていた」と言っていたが、走塁に関しては意識が高い!
2打席目のファースト強襲ヒットで、打球がエドガーの少し後ろに逸れたのを見て、
何の迷いもなく一塁を蹴って2ベースにしたのもその証と言えないだろうか。

本来ならバントシフトを敷く場合、坂本がサードベースカバーに入るはずだが、
小笠原が前に出ていなかったので連携が取れず、しかも中途半端に小笠原も前に出た分、
サードががら空きになって、思い切ったリードを取れる場面となったのだ。
もし捕った豊田が飛び出してた浅井を挟みに行ったとしても、
ベースに戻ってる途中の小笠原には投げられないからオールセーフだったろう。

巨人内野陣の僅かな守備の綻びを突いてのエレガントな1点。
鶴の絶妙なバントと、浅井の頭と足でもぎ取った大きな1点だった。


だが6回、鶴は先頭の小笠原へ四球を出してからは急に危なっかしくなった。
球数が80球を超えてくると、コントロールが不安定になってくるんだろうか。

続くラミレスはショートライナーに抑えたが、スライダーがほぼ真ん中付近。
阿部には真ん中付近の速球をきれいにライト前に弾き返され、
長野には外のやや高いスライダーをライト前に持って行かれた。

そして1死満塁から、高橋由には初球・2球目とベルト付近の高さで抑えがきかず、
外のストレートも誘いに乗らず、あまり見せていなかったフォークも力んでワンバウンド。
そして最後は、高めに抜けたスライダーという極めて危険な球を投げてしまった。

ところがこの失投とも言うべき球にややタイミングを外され、犠飛で済んだ。
アレは下手したらグランドスラムになるボールだし、
仮に長打だったとしても空気が一変しそうな展開になるところだったと思う。

1つアウトが増えて、1点だけで済んだことは命拾いだったし、
鶴をスパッと代えるタイミングを作ってくれたという点でも大いに助かった。


なお、1・3塁のピンチを渡辺がサクっと火消し。
続く7回もあっさりと3人で片付け、先ごろの不調を払拭する結果を出した。

すると8回、ジョニキの毎度おなじみダメ押し弾が飛び出して再び5点差。
その裏、クボタンが小笠原・ラミレス・阿部のクリーンアップを三凡!
阿部にライトポール際へ飛ばされ、今日もきっちり新劇場を披露してくれたが、
復帰後封印してきたチェンジアップを解禁して、ラミレス・阿部から連続三振を奪った。
少し高めに抜けていたが、アレだけタイミングがずれるんだからいい球だよなぁ。

9回はここまでノーヒットだったマートンに待望の一本が出ると、
再び城島がダメのダメ押しとなるタイムリー2ベースで6点差に広げたw

さすがにこの点差になると球児はお休みとなり、最後は西村で締めくくった。
試合を締めでワタワタされると後味が悪いし、火消しに入る投手も大変。
それにもう1試合残ってるので、明日に繋がるようなことになるのも困る。

9回の1イニングはビシッと抑えておきたいというのは、ベンチの考えに同意するねぇ。
まぁ西村じゃなくてもいいやんというのはあるので、上園でもよかったと思うけどね。

若竹を試すんであれば、8点差ぐらいにリードを広げた9回とか、
6点以上リードしての8回とかだったろうなぁ。
なので、もっともっと点を取らなかった打線が悪いのだww
逆に昨日提言したようなギリギリの厳しい場面で使うんなら、それはそれで理解するよw



でもまぁ、今日は何と言っても鶴だわな。
巨人打線を向こうに回して6回途中で2失点は立派の一言よ。

大空の見えない屋根付き球場、まさに「鳥カゴ」というべき狭い空間の東京ドームで、
鶴が大きく羽ばたけるかどうか心配していたが、恐れずビビらず攻め抜いた。

打線も「大空を舞うのに邪魔な屋根があるなら穴を開ければいいじゃなーい」と、
ブラゼルが天井直撃の特大ホームランを打ってくれたり、
同じ鳥族のキャプテンがビッグな後押しもしてくれた。
おまけに自分のバットで初ヒット初打点を稼いだしなぁw

何ともお伽話チックな展開で、嬉しい2勝目をゲット。
めでたしめでたし、ですなwww



■本日のやらかす賞:鶴(4)
攻めの気持ちで讀売打線を1点に抑えた!バットでも自分を援護!



明日勝つためには、フォッサムが初回の坂本・松本を抑えることが第1条件!
そして1イニングで3点以上取られないことが第2条件となるかなぁ。
点を取ったあとに取られないとか、不必要な四球やエラーを減らしていけば、
自然と勝利は近づいてくるんじゃないでしょうかね。
「今年の阪神はやりにくい!」と思わせるためにも、打線は容赦せずに打ちまくれ!
3タテ決めて幸せな週末を過ごさせてくれ!と思う方はポチっと!

↓↓↓↓↓↓↓
Ranking


コメント

浅井の走塁、ああいうのを変則スクイズ「チャックタナー・プレー」というそうで
ブラウン監督が前に意図して打者と走者にやらせたことがあるそうですね

三塁走者の影で見えないくらいの位置にいること、
ちゃんと三塁手付近にボールを転がして、即1塁に投げないと間に合わないくらいの球を取らせること、
相手がそもそもスクイズを余り警戒していないことなんかが条件らしいですけれど。

浅井が独断でやったんだろうけど、投げて走りだした瞬間にはもう本塁転送は不可能な位置だったので、ホント大きいプレイだったと思います

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

Powered by Six Apart
Member since 08/2008